黒人参に含まれる豊富な栄養素。

By okinawaharb, 2015年10月14日

黒人参(クロニンジン)
その名の通り黒っぽい根の色が最大の特徴で、普通の人参と同種ですが栄養素では異なる部分があります。例えば、βカロテンやビタミンCに加え、オレンジ色の人参にはあまり含まれていないアントシアニジンやポリフェノールを非常に多く含んでおり、近年ヨーロッパでは美容促進野菜としても注目されている希少な品種です。現在、沖縄長生薬草本社では自社農園での栽培・収穫にも成功し、沖縄産の黒人参としてサプリメント、ハーブティー、雑穀米としても利用されています。

[薬草活用メモ]
根茎(人参)のほか、若葉も食用になり人参特有の臭みがないのが特徴です。生の茎葉を刻み煎て、口内炎、扁桃炎などに効く「うがい薬」や、鍋で煮出すと浴湯料としても使われています。
根茎はカロテン、ビタミン類を豊富に含み、料理に関しては通常のニンジンを同じく緑黄色野菜に分類され、生食、炒める、煮るなど多くの方法で調理が可能です。また、糖度が高い為、ジュースやお菓子の原料にも使用されており、乳児の下痢には薄めのジュースを少量与えれば治るともいわれています。ちなみに、色素の量が多いので、衣服などに付着しないように気をつけましょう。

学 名:Daucus carota L
セリ科ニンジン属
和 名:黒人参
草 丈:1m
花 期:5月
薬 効:抗酸化作用、腎機能の強化、目の健康増進、心臓病、老化防止
分布生育場所:トルコ共和国原産、地中海周辺

《書籍版・琉球薬草誌はこちら》